東京新聞杯2018予想~過去の傾向とデータ~本命はアドマイヤリードで決まり!


https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201705140…

2月4日に東京競馬場で東京新聞杯・G3が行われます。

東京競馬場の1600m戦になるんですが、
この距離はNHKマイル安田記念ヴィクトリアマイルといったG1レースと同じコースになります。

ここらのレースで実績がある馬を中心に予想していきたいと思います。

東京新聞杯のコース特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/tokyo/t16…

一周約2120mの左回りで、
JRAの競馬場で最も広いコースであり、
約530mの長い直線が特徴で、
途中に高低差2mの急坂もあり、
差し・追込有利の展開になりやすい。

3コーナーの入りに下り坂があり、
コーナーで一息入れる事が難しく、
結果的にスタミナをかなり要求されるので、
中距離以上を得意とする馬が好走しやすい。

一般的に速いタイムが出る高速馬場になる事が多く、
スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走傾向。

この傾向が顕著な開幕間もない時期は、
先行した馬がバテずに粘り切るケースもあり、
長い直線があっても、差し馬より逃げ・先行馬が狙い目になります。

基本的には、差し・追込みが決まるパターンが多く、
枠の有利差はあまりありません。

中波乱傾向があるコースですが、
基本的に東京での実績を考慮して
買い目を決めると良いでしょう。

1番人気は買わない方がいい?

スポンサーリンク


過去10年の人気馬の成績を見てみると
1番人気は勝っておらず、
2010年の2着が1回と3着が2回と苦しんでいます。

また人気薄が2着・3着に絡んでくる傾向がありますので、
高配当となっています。

因みに10年前には3連単200万馬券が出ています。

アドマイヤリードが有力?


http://p.nikkansports.com/goku-uma/member/news/new…

個人的にはアドマイヤリードを軸に、
馬券を組み立てていきたいと思っています。

東京新聞杯の過去10年を振り返ってみると、
1番人気が未勝利で10番人気前後が馬券に絡むことが多く、
高配当が多いレースです。

そんなレースで何故アドマイヤリードを推すかと言いますと、
昨年のヴィクトリアマイルを勝っていますので、
コース適正は問題がなく、
しかも54㎏という斤量で出走できるのは非常に大きいです。

また血統的にも、『父ステイゴールド 母ベルアリュールⅡ』は
レース適性が非常に高いので好勝負必至だと思います。

しかし気になる点が2つあります。

1つ目は東京新聞杯の牝馬成績です。

過去10年で2勝を挙げていますが、
それ以外で馬券に絡んだ馬は1頭もいません。

2つ目はアドマイヤリードのローテーションです。

当初アドマイヤリードはマイルCSを目標に調整していましたが、
目の外傷で回避し、一旦放牧に出ました。

帰厩後は東京新聞杯を目標に調整していますが、
今回は牡馬が相手になりますので
ヴィクトリアマイルを勝っているとはいえ、
そう容易くはないと思います。

しかしアドマイヤリードの末脚は安定感がり、
デビュー時には390㎏台だった馬体重も
420㎏台を維持していますので
ここでも充分勝負できると見込んで
頭で買おうと思います。

スポンサーリンク


アドマイヤリード 血統など


http://toptwitter.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%…

生年月日:2013年3月18日

調教師:須貝尚介 (栗東)

馬主:近藤利一

生産者:ノーザンファーム

セリ取引価格:4,830万円 (2013年 セレクトセール)

通算成績:16戦5勝 [5-3-1-7]

主な勝鞍:17’ヴィクトリアマイル(G1)

父:ステイゴールド(サンデー系)

母:ベルアリュールⅡ(ミスプロ系)

買い目

スポンサーリンク


本命はアドマイヤリード。

対抗には同じく小柄な牝馬のリスグラシューを買いたいと思います。

なかなか勝ち切れず2着3着が多く、
また2か月半ぶりのレースではありますが、
調教では無理をせずに自己ベストの好時計をマークするなど、
充実の一途をたどっています。

▲はダイワキャグニー。

ダイワキャグニーは左回りが得意な為、
東京競馬場は得意なので問題なし。

また、同じコースのマイル戦も好タイムで勝っていますので、
好勝負を期待できると思います。

△は体形がマイラーになってきたカデナ
グレーターロンドンダノンプラチナ
クルーガーサトノアレス

1 - 8、15 - 3、7、8、10、13、15、16

枠順


1,1 アドマイヤリード
1,2 デンコウアンジュ


2,3 サトノアレス
2,4 ディバインコード


3,5 トウショウピスト
3,6 ガリバルディ


4,7 クルーガー
4,8 リスグラシュー


5,9 ハクサンルドルフ
5,10 ダノンプラチナ


6,11 ベルキャニオン
6,12 マイネルアウラート


7,13 カデナ
7,14 ストーミーシー


8,15 ダイワキャグニー
8,16 グレーターロンドン

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする