京都記念2018予想~過去の傾向・枠順・コース・脚質など~本命はレイデオロ!


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=122334

2018年2月11日に、京都競馬場で行われる京都記念G2が行われます。

今回はレベルが高いと言われている4歳馬が10頭中5頭を占め、
しかもディアドラ(秋華賞)・モズカッチャン(エリザベス女王杯)・
レイデオロ(日本ダービー)・アルアイン(皐月賞)
など4頭がG1勝ち馬が出走しており、
例年になくレベルが高いレースとなっています。

京都記念 芝2200mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/kyoto/t22…

外回りコースを使用し、第3コーナーにある向正面から上り、
コーナー途中で一気に下る高低差4.3mの坂が大きな特徴です。

この下り坂で勢いをつけ直線に入るので、
外に振られる馬が多く馬群がバラけやすい傾向にあります。

トップスピードに乗るまでが遅い馬にはマクリ差し戦法が有効だが、
基本的に内で我慢してイン差しをするのがベストなので内枠が有利。

また、芝質が軽い事が多く、
高速決着になりやすい為、
スピード・瞬発力に優れた馬が狙い目です。

スポンサーリンク


過去10年の人気馬実績


http://race.sanspo.com/keiba/news/20160214/ope1602…

過去10年の人気馬実績を見てみると、
比較的人気馬が上位を占めている傾向があります。

1番人気が6回
2番人気が5回、
3番人気が7回
馬券に絡んでいます。

過去5年の脚質・枠順のコース成績と京都記念

スポンサーリンク


京都記念も含めた過去5年のコース実績を調べてみました。


・逃げ 11-7-5-57 13.8%
・先行 27-37-21-175 10.4%
・差し 29-23-37-270 8.1%
・追込 7-8-12-262 2.4%

京都競馬場の外回りは下り坂がある上、
ラスト直線も平坦なので、
前で競馬する馬が有利な傾向があります。


・1枠 10-10-7-77 9.6%
・2枠 15-8-9-77 13.8%
・3枠 14-8-8-83 12.4%
・4枠 5-12-7-90 4.4%
・5枠 6-5-11-101 4.9%
・6枠 6-9-8-110 4.5%
・7枠 7-9-12-121 4.7%
・8枠 12-14-13-113 7.9%

上記を見てみると内枠有利という結果が出ていまが、
京都記念に限ると

・1〜4枠の内枠に入った馬が[3.4.4.38]で勝率6.1%
・5〜8枠だと[7.6.6.53]で勝率9.7%と外枠がやや有利
・1〜3番人気に限れば内枠が[1.3.2.5]で勝率9.1%、

外枠が[5.3.4.7]で勝率26.3%と、
外枠の安定感が目立ちます。

本命はやはりレイデオロ


http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zp…

本命はやはりレイデオロでしょう。

皐月賞こそ5着でしたが、
ダービー、神戸新聞杯を連勝し、
菊花賞を回避して出走したジャパンカップでは
並み居る古馬を相手に2着と健闘。

他にも昨年G1を勝っている4頭出走し、
菊花賞2着のクリンチャーも
京都競馬場では連対を外していません。

しかし実力的にはレイデオロがやはり1枚上手なので、
軸はレイデオロでいいと思います。

スポンサーリンク


レイデオロの血統など


http://owner.netkeiba.com/?pid=horse_profile&id=20…

・父:キングカメハメハ
・母:ラドラーダ

・調教師:藤沢和雄 (美浦)
・馬主:キャロットファームキャロットファーム
・募集情報:1口:15万円/400口
・生産者:ノーザンファーム
・獲得賞金:4億9,882万円 (中央)
・通算成績:7戦5勝 [5-1-0-1]
・主な勝鞍:17’日本ダービー(G1)

買い目

本命は6枠6番という枠に行為で競馬が出来る強みを考慮して
レイデオロを軸に置きます。

対抗は3歳でエリザベス女王杯を勝った5モズカッチャン。

▲には近走の成績が良く、特に前走のエリザベス女王杯では
9番人気ながら逃げ粘りクビ差2着と健闘した7クロコスミア。

△には3ディアドラ、4クリンチャー9ミッキーロケット、10アルアイン

6 - 5、7 - 3、4、5、7、9、10

枠順


1枠1 プリメラアスール
2枠2 ケントオー
3枠3 ディアドラ
4枠4 クリンチャー
5枠5 モズカッチャン
6枠6 レイデオロ
7枠7 クロコスミア
7枠8 アクションスター
8枠9 ミッキーロケット
8枠10 アルアイン

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする