クイーンカップ2018予想・枠順や過去の傾向から血統など。本命はオハナ!


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=127544

2月12日に東京競馬場で行われる『クイーンカップG3』について
予想していきたいと思います。

クイーンカップG3は3歳牝馬のマイル戦(芝1600m)で
桜花賞の前哨戦となり、
ここで好走した馬は3歳牝馬クラシック戦線で
結果を残しているレースでもあります。

クイーンカップ 芝1600mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/tokyo/t16…

左回りのコースで約530mの長い直線が特徴。

途中に高低差2mの急坂もあり、
差し・追込有利の展開になりやすく
逃げ馬はこの直線で潰れてしまう傾向があります。

3コーナーの入りに下り坂があり、
コーナーで一息入れる事が難しい。

結果的にスタミナをかなり要求されるので、
中距離を得意とする馬が好走しやすい。

一般的に速いタイムが出る高速馬場になる事が多く、
スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走傾向。

過去10年の人気馬実績


http://blog.livedoor.jp/ogi_963/tag/%E3%82%AF%E3%8…

過去10年の人気馬実績を見てみると

1番人気が4勝、馬券圏内7回
2番人気が3勝、馬券圏内7回
3番人気が馬券県内3回
4番人気が2勝、馬券圏内4回

5番人気以下は馬券に絡むことはあっても
勝ち鞍はありません。

過去5年の脚質・枠順のコース成績とクイーンカップ

スポンサーリンク


『脚質』


・逃げ 41-32-38-244 11.5%
・先行 124-111-121-936 9.6%
・差し 155-160-124-1706 7.2%
・追込 35-51-73-1389 2.3%

全体的に見ると逃げ・先行が有利な傾向にありますが、
登り坂があるラスト直線で失速してしまう事があります。

『枠順』

・1枠 33-35-34-453 5.9%
・2枠 31-41-47-458 5.4%
・3枠 41-44-39-480 6.8%
・4枠 41-39-40-506 6.5%
・5枠 53-45-32-535 8.0%
・6枠 43-59-52-537 6.2%
・7枠 45-50-61-645 5.6%
・8枠 68-43-51-668 8.2%

上記を見てみると枠による有利不利は
殆ど無いということが分かります。

本命はオハナ


http://race.sanspo.com/keiba/news/20171015/pog1710…

デビュー戦で同舞台を最速の末脚(33秒6)を使って
差し切り勝ちをしているので全く問題は無く、
寧ろエンジンのかかりが少し遅いタイプなので
直線の長い東京競馬場に変わるのは
プラスと考えていいと思います。

他にもディープ産駒のレッドベルローズやマウレアなど
強敵はいますが現在2戦2勝の負け無しという成績を信じて
オハナを本命に置きたいと思います。

スポンサーリンク


オハナの血統など


https://keiba-times.com/queen-cup-2018-0010/

・調教師:堀宣行 (美浦)

・馬主:金子真人ホールディングス金子真人ホールディングス

・生産者:社台ファーム

・獲得賞金:1,728万円 (中央)

・通算成績:2戦2勝 [2-0-0-0]

・主な勝鞍:18’菜の花賞(500万下)

買い目

本命は14オハナ。
対抗には10マウレア。
▲は9アルーシャ。
△は6テトラドラクマ、5ソシアルクラブ、13ツヅミモン。
14 - 9、10 - 5、6、9、10、13

枠順


1枠1 ナラトゥリス
1枠2 フィニフティ
2枠3 アトムアストレア
2枠4 ハトホル
3枠5 ソシアルクラブ
3枠6 テトラドラクマ
4枠7 キャッチミーアップ
4枠8 ロフティフレーズ
5枠9 アルーシャ
5枠10 マウレア
6枠11 ライレローズ
6枠12 レッドベルローズ
7枠13 ツヅミモン
7枠14 オハナ
8枠15 モデレイト
8枠16 マルターズルーメン

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする