小倉大賞典2018予想・傾向・枠順・過去のデータについて~本命はダノンメジャーかダッシングブレイズ?~


https://www.daily.co.jp/horse/2014/08/11/p1_000722…

2018年2月18日に小倉競馬場で小倉大賞典G3が行われます。

小倉大賞典は芝の1800mのレースとなりますが、
小回りコースというのもあってか
リピーターが多く、「小倉巧者」と呼ばれる馬もいます。

小倉大賞典 芝1800mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/kokura/t1…

小倉競馬場は右回りで典型的な小回り・平坦コースなので
内枠が有利です。

1コーナーが上り坂になっており、
ペースが落ちやすく、
ひと息入る事で前を行く馬がバテにくい為、
先行馬が非常に有利なコースになります。

最後の直線は293mと短く、
高低差が全く無い為、
差し・追込み馬には不利な展開になりがちです。

夏場はスピードの出やすい野芝100%になるので、
その傾向もより顕著になります。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


人気馬別成績

1番人気 62-37-19-70 33.0%
2番人気 31-38-11-108 16.5%
3番人気 24-19-31-114 12.8%
4~6番人気 45-47-73-399 8.0%
7~9番人気 18-31-27-484 3.2%
10番人気~ 8-16-27-920 0.8%

脚質別成績

逃げ 29-11-22-142 14.2%
先行 86-92-79-401 13.1%
差し 46-65-68-752 4.9%
追込 16-14-13-766 2.0%

枠順別成績

1枠 28-26-16-210 10.0%
2枠 28-20-25-232 9.2%
3枠 21-17-19-261 6.6%
4枠 19-24-20-265 5.8%
5枠 31-27-19-261 9.2%
6枠 19-34-25-275 5.4%
7枠 19-22-27-298 5.2%
8枠 23-18-37-293 6.2%

小倉競馬は中波乱傾向のコースで
内枠(特に1枠)の逃げ・先行馬が穴をあけるケースが多いので
注意する必要があります。

またステイゴールド、スペシャルウィーク、ディープインパクト、
ダイワメジャー、アグネスタキオン産駒が好走しています。

本命はダノンメジャー


http://turfdust.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/s-e…

本命はかなり悩みましたがダノンメジャーにしたと思います。

ダノンメジャーは勝ったり負けたりを繰り返しながら
オープン入りしましたが、
芝1800mでは13戦中7戦で馬券に絡んでいますので、
この距離は得意とみていいと思います。

また小倉大賞典と同じ距離・コースとなる、
小倉日経OP(OP)では2番人気で1着となり結果を残しています。

枠順も1枠2番と絶好枠を引いた上、
先行して好位で競馬が出来るので、
ダノンメジャーにとっては良い条件で
競馬が出来ると思います。

しかし昨年の小倉大賞典では10番人気で11着と凡走している上、
重賞ではラジオN杯京都2歳S(G3) 以来馬券に絡んでいないので、
不安な点は多々あります。

ダノンメジャーの血統など


http://race.sanspo.com/keiba/yoso/20150213/yos1502…

・父:ダイワメジャー
・母:ヴィヤダーナ

・調教師:橋口慎介 (栗東)
・馬主:ダノックス
・生産者:ノーザンファーム
・セリ取引価格:3,150万円 (2012年 セレクトセール)
・獲得賞金:1億5,535万円 (中央)
・通算成績:28戦6勝 [6-2-1-19]
・主な勝鞍:17’都大路S(OP) 、小倉日経OP(OP)

スポンサーリンク


気になるダッシングブレイズ


http://kamikeiba.com/2016/07/22/59611192/

もう1頭気になるのがダッシングブレイズです。

ダッシングブレイズは現在7勝を挙げていますが
内6勝が1600mなので、どちらかというとマイラーなのかもしれません。

しかし前走は東京競馬場で行われた芝1800mのエプソムカップG3で
5番人気ながら好位で競馬をし初重賞制覇となりました。

初の小倉競馬場と約7か月ぶりのレースですので
不安な点はありますが
ここでも糧見込みは十分だと思います。

余談ですが、ダッシングブレイズと言えば
過去に高須院長が友人と共同馬主として所有していた馬で、
高須院長が馬名を「イエスタカス」で申請を行ったところ、
認可されなかったと激怒してTwitterで告白し大きな騒動となっていました。

ダッシングブレイズの血統など


http://db.netkeiba.com/horse/2012110113/

・父:Kitten’s Joy
・母:Blazing Bliss

・調教師:吉村圭司 (栗東)
・馬主:グリーンフィールズグリーンフィールズ
・生産者:Kenneth L. Ramsey & Sarah K. Ramsey
・獲得賞金:1億5,862万円 (中央)
・通算成績:18戦7勝 [7-2-0-9]
・主な勝鞍:17’エプソムC(G3)

スポンサーリンク


枠順


1 1 スズカデヴィアス
1 2 ダノンメジャー
2 3 サトノスティング
2 4 ストレンジクォーク
3 5 サトノアリシア
3 6 (外)ダッシングブレイズ
4 7 ヒットザターゲット
4 8 マサハヤドリーム
5 9 ケイティープライド
5 10 タイセイサミット
6 11 ヤマカツライデン
6 12 クラリティスカイ
7 13 トリオンフ
7 14 ウインガナドル
8 15 ハッピーユニバンス
8 16 クインズミラーグロ

買い目

本命:2ダノンメジャー
対抗:6ダッシングブレイズ

▲:13トリオンフ
△:1スズカデヴィアス、4ストレンジクォーク、7ヒットザターゲット、14ウインガナドル

2 - 6、13 - 1、4、6、7、13、14

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする