ヴィクトリアマイル2018予想と過去の傾向や出走などのデータ~本命はアドマイヤリード~


http://p.nikkansports.com/goku-uma/member/news/new…

2018年5月13日に東京競馬場でヴィクトリアマイルG1が行われます。

ヴィクトリアマイルG1は4歳以上の牝馬限定戦ですが、
数少ない牝馬限定のG1競争ですので、
一線級の牝馬が集うレースでもあります。

またこの時期の牝馬戦は非常に荒れる傾向が高く、
ここ10年を振り返っても
スンナリ人気馬が上位を占めたレースは、
アパパネブエナビスタの1着2着に決まった2011年だけで、
その他はあれに荒れています。

特に2015年は、
1着ストレイトガール(5番人気)
2着ケイアイエレガント(12番人気)
3着span class=”bold”>ミナレット(18番人気)
人気薄が上位を占める結果となり、
3連単の配当が20,705,810円という2018年5月現在歴代5位、
重賞レースに限定すると1位の高額払い戻しとなりました。

他の年を見ても10万前後から90万と、
荒れる傾向が強いレースとなっていますので、
スンナリ人気馬が上位を占める可能性は
低いとみていいでしょう。

しかしこのレースはリピーターが多く、
その大半が人気を落としていますので、
近走よりも昨年のヴィクトリアマイルの
成績を考慮すべきだと思います。

東京競馬場・芝1600mのコース特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/tokyo/t16…

ヴィクトリアマイルG1が行われる東京競馬場・芝1600mは、
一周約2120mの左回りで、
JRAの競馬場で最も広いコースであり、
約530mの長い直線が特徴で、
途中に高低差2mの急坂もあり、
差し・追込有利の展開になりやすい。

3コーナーの入りに下り坂があり、
コーナーで一息入れる事が難しく、
結果的にスタミナをかなり要求されるので、
中距離以上を得意とする馬が好走しやすい。

一般的に速いタイムが出る高速馬場になる事が多く、
スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走傾向。

この傾向が顕著な開幕間もない時期は、
先行した馬がバテずに粘り切るケースもあり、
長い直線があっても、差し馬より逃げ・先行馬が狙い目になります。

基本的には、差し・追込みが決まるパターンが多く、
枠の有利差はあまりありません。

中波乱傾向があるコースですが、
基本的に東京での実績を考慮して
買い目を決めると良いでしょう。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

人気馬別成績

1番人気 125-54-43-133 35.2%
2番人気 69-65-39-182 19.4%
3番人気 40-51-49-215 11.3%
4~6番人気 73-95-130-767 6.9%
7~9番人気 29-56-61-919 2.7%
10番人気~ 19-35-34-2066 0.9%

脚質別成績

逃げ 41-32-38-244 11.5%
先行 124-111-121-936 9.6%
差し 155-160-124-1706 7.2%
追込 35-51-73-1389 2.3%

枠順別成績

1枠 33-35-34-453 5.9%
2枠 31-41-47-458 5.4%
3枠 41-44-39-480 6.8%
4枠 41-39-40-506 6.5%
5枠 53-45-32-535 8.0%
6枠 43-59-52-537 6.2%
7枠 45-50-61-645 5.6%
8枠 68-43-51-668 8.2%

本命はアドマイヤリード


https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201705140…

本命はアドマイヤリードにしました。

上述したように、
このレースは『リピーター&人気薄』が良く来るレースなので、
昨年5番人気で初G1制覇を果たしたアドマイヤリードを本命に、
馬券を組み立てていきたいと思っています。

確実に伸びてくる末脚や、
状態が非常に良く、
昨年よりも力強くなっている点も考慮した結果、
充分連覇する可能性はあると思います。

ただアドマイヤリードはステイゴールド産駒の牝馬は
精神面のメンテナンスや長距離輸送が課題となりますが、
最近のステイゴールド産駒の活躍は
目を見張るものがありますので、
その流れに乗ってアドマイヤリードにも連覇を期待したいところでもあります。

スポンサーリンク


アドマイヤリードの血統など


http://toptwitter.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%…

・父:ステイゴールド
・母:ベルアリュールII

・調教師:須貝尚介 (栗東)
・馬主:近藤利一
・生産者:ノーザンファーム
・セリ取引価格:4,830万円 (2013年 セレクトセール)
・獲得賞金:2億539万円 (中央)
・通算成績:17戦5勝 [5-3-1-8]
・主な勝鞍:17’ヴィクトリアマイル(G1)
・近親馬:カレンシリエージョ、サトノアスカ

枠順


1 1 レッツゴードンキ
1 2 ミスパンテール
2 3 (外)ラビットラン
2 4 ジュールポレール
3 5 レーヌミノル
3 6 レッドアヴァンセ
4 7 カワキタエンカ
4 8 クインズミラーグロ
5 9 ソウルスターリング
5 10 アエロリット
6 11 アドマイヤリード
6 12 エテルナミノル
7 13 ワントゥワン
7 14 (外)リエノテソーロ
7 15 デアレガーロ
8 16 リスグラシュー
8 17 デンコウアンジュ
8 18 メイズオブオナー

買い目

本命:11アドマイヤリード
対抗:16リスグラシュー
  ▲:2ミスパンテール
 △:1レッツゴードンキー、4ジュールポレール、5レーヌミノル、6レッドアヴァンセ、7カワキタエンカ
10アエロリット、13ワントゥワン、15デアレガーロ

11 -2、16 - 1、2、4、5、6、7、10、13、15

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする