平安ステークス2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はグレイトパール~


http://umakeiba.com/post/4479/

5月19日に京都競馬場で平安ステークスG3が行われます。

平安ステークスG3はダート1900mという中途半端な距離のレースなので、
余りサンプルはありませんが、
中央でのダートレースが少ないため、
ダート馬にとっては何としても
結果を残したいレースと言えるでしょう。

京都競馬場・ダート1900mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/kyoto/d19…

平安ステークスG3が行われる京都競馬場・ダート1900mは
非常に中途半端な距離ですが、
スタートから最初のコーナーまで距離が、
1800mより100m伸びるので内枠有利な状況は
緩和されていると言えるでしょう

しかしコーナーを4つ回る小回りコースで、
最後の直線が約329mと短めな上に平坦な為、
逃げ・先行がかなり有利だと言えるでしょう。

また中山・阪神に比べて速いタイムが出やすい傾向にある為、
持ち時計は重要なファクターと言えるでしょう。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

人気馬別成績

1番人気 27-18-16-41 26.5%
2番人気 19-20-19-44 18.6%
3番人気 13-16-12-61 12.7%
4~6番人気 29-32-34-211 9.5%
7~9番人気 8-14-17-265 2.6%
10番人気~ 6-2-5-401 1.4%

脚質別成績

逃げ 34-8-12-64 28.8%
先行 46-50-42-199 13.6%
差し 15-37-32-367 3.3%
追込 4-6-13-376 1.0%

枠順別成績

1枠 13-16-10-95 9.7%
2枠 8-8-13-112 5.7%
3枠 12-8-12-112 8.3%
4枠 10-13-13-120 6.4%
5枠 11-10-12-140 6.4%
6枠 14-12-13-148 7.5%
7枠 16-16-18-142 8.3%
8枠 18-19-12-154 8.9%

本命はグレイトパール


https://www.daily.co.jp/horse/2018/04/16/001116778…

本命はグレイトパールにしました。

グレイトパールは昨年の平安ステークスG3を勝利した後、
剥離骨折のために11カ月の休養を余儀なくされましたが、
11か月ぶりのレースとなった前走のアンタレスステークスG3で完勝し、
見事復活の勝利を挙げました。

ダート転向後、6連勝で負け無しなので、
ホッコータルマエやコパノリッキーが引退した今、
新たな砂の王者誕生の予感がしてなりません。

スポンサーリンク


グレイトパールの血統など


https://twitter.com/pakapakakobo/status/8658279134…

・父:キングカメハメハ
・母:フォーチュンワード

・調教師:中内田充 (栗東)
・馬主:H.H.シェイク・ファハド
・生産者:千代田牧場
・セリ取引価格:3,150万円 (2013年 セレクトセール)
・獲得賞金:1億3,792万円 (中央)
・通算成績:9戦7勝 [7-0-0-2]
・主な勝鞍:17’平安S(G3)

枠順


1 1 ミツバ
1 2 コスモカナディアン
2 3 クリノスターオー
2 4 サンマルデューク
3 5 テイエムジンソク
3 6 グレイトパール
4 7 アスカノロマン
4 8 メイショウスミトモ
5 9 サンライズソア
5 10 クインズサターン
6 11 プリンシアコメータ
6 12 メイショウウタゲ
7 13 ナムラアラシ
7 14 クイーンマンボ
8 15 トップディーヴォ
8 16 マイティティー

買い目

本命:6グレイトパール
対抗:5テイエムジンソク
  ▲:10クインズサターン
 △:1ミツバ、9サンライズノア、11プリンシアコメータ、13ナムラアラシ、14クイーンマンボ、15トップディーヴォ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする