スパーキングレディーカップ2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はラビットラン~


http://keiba-umanami.com/archives/50762737.html

2018年7月5日に川崎競馬場でスパーキングレディーカップJpn3が行われます。

スパーキングレディーカップJpn3は平日に行われる中央と地方の交流ダートレースとなりますので、
ダート戦線で活躍する中央・地方の牝馬が集うレースとなります。

中央・地方交流レースは基本的に
中央馬が上位を独占する傾向が強いですが、
稀に地方馬が2着・3着に食い込んでくるケースもありますので
その辺りも考慮しなければなりません。

しかし人気順に決まってしまう可能性も高いので
あまり点数を買い過ぎると、
トリガミになってしまうことも十分に考えられますので
できる限り点数を絞って買えるかどうかが
馬券のカギとなります。

川崎競馬場1600mの特徴


http://nankandirt.style015.com/kawacourse/kawasaki…

スパーキングレディーカップJpn3が行われる川崎競馬場ダート1600mのコースは
直線300mと船橋と同じ長さですが、
一周距離1200mと小回りで
浦和と同じ距離なのでコーナーが急な競馬場です。

スピードとコーナーでの器用さが要求されるので、
馬の能力はもちろんのこと騎手の腕が重要になってきます。

また小回りでコーナーがきついため逃げ先行が有利になる傾向が強く、
飛びの大きい馬は走りにくい場合もあるので注意が必要です。

4コーナー奥からのスタートで
直線が長いため枠順の差はありませんが、
きついコーナーを4回まわるので
1コーナーでの位置取りが重要になってきます。

もちろん他の馬との関係やしかけ、
コーナーでの騎手の腕も重要になってきます。

川崎競馬場のダート1600mのコースは重賞が数多く設定されていますので、
出走経験がある場合はチェックすることをお勧めします。
 
主な重賞一覧

・ホクトベガメモリアルスパーキングレディーカップ(統一JpnⅢ)
・全日本2歳優駿(統一JpnⅠ)
・スパーキングサマーカップ(SⅢ)
・ローレル賞(SⅢ)

枠順

(左から『枠番』、『勝率』、『連対率』、『3着内率』)

1 11.7% 23.8% 34.3%
2 9.6% 22.0% 34.9%
3 10.6% 19.7% 28.6%
4 8.9% 17.1% 28.9%
5 8.9% 18.2% 26.4%
6 9.1% 16.2% 24.9%
7 8.7% 17.7% 25.8%
8 7.1% 15.2% 22.0%

本命はラビットラン


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=139226

本命はラビットランにしました。

ここまでラビットランは10戦中9戦で芝を走り、
ローズステークスG2で重賞初勝利を飾り、
続く秋華賞G1でも4着と好走し、
芝戦線で活躍してきました。

従って、ダート実績は圧勝した新馬戦だけなので
ダート適性がどれほどのものなのかは
走ってみないと分からない部分はあります。

しかし父・タピットと母・アメリアは共に
アメリカ産馬のダート血統なので
血筋だけで判断すると
ダートの方が適正は高いです。

ラビットランの血統など


http://race.sanspo.com/keiba/news/20170917/ope1709…

・父:タピット
・母:アメリア

・調教師:角居勝彦 (栗東)
・馬主:吉田和子
・生産者:Alexander Groves Matz LLC
・獲得賞金:9,010万円 (中央)
・通算成績:10戦3勝 [3-1-0-6]
・主な勝鞍:17’ローズS(G2)

枠順


1 ブランシェクール
2 マコトカンパネッロ
3 リエノテソーロ
4 ドンナディヴィーノ
5 ラーゴブルー
6 シュンプウ
7 ラインハート
8 ワンミリオンス
9 ラビットラン
10 オルキスリアン
11 フラワーオアシス
12 オウケンビリーヴ
13 マテリアメディカ

買い目

本命:9ラビットラン
対抗:3リエノテソーロ
  ▲:1ブランシェクール
 △:5ラーゴブルー、7ラインハート、8ワンミリオンズ、12オウケンビリーヴ

9-1、3-1、3、5、7、8、12

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする