プロキオンステークス2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はインカンテーション~

2018年7月8日に中京競馬場でプロキオンステークスG3が行われます。

プロキオンステークスG3はダート1400mのレースとなりますが、
過去10年の配当を見てみると
比較的人気馬が上位に来ていますが
10番人気前後の馬が
馬券に絡んでくることも多々ありますので、
多少広めに買う必要があるかもしれません。

中京競馬場・ダート1400m

プロキオンステークスG3が行われる中京競馬場・ダート1400mのコースは
2コーナー奥のポケット発走で、
スタート後の約150mは芝を走り、
外側の方が芝を走る距離が長い為、
外寄りの枠の方が有利なコースとなります。

直線は約410mでダートコースでは
東京競馬場に次ぐ長さな上、
勾配のキツイ急坂があります。

その結果、差しがよく決まりやすい傾向がありますが、
1200mでは逃げ・先行が好成績なので、
1400m戦の方が重賞プロキオンSをはじめ、
上位クラスのレースが多いことが
起因している可能性もあります。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

人気馬別成績
1番人気 58-46-32-76 27.4%
2番人気 43-33-27-109 20.3%
3番人気 28-30-32-122 13.2%
4~6番人気 53-59-59-465 8.3%
7~9番人気 20-26-29-561 3.1%
10番人気~ 10-18-33-1323 0.7%

脚質別成績
逃げ 40-32-18-122 18.9%
先行 94-76-78-523 12.2%
差し 58-80-80-1011 4.7%
追込 20-24-36-999 1.9%

枠順別成績
1枠 21-33-33-303 5.4%
2枠 33-26-22-321 8.2%
3枠 29-29-27-319 7.2%
4枠 27-32-25-327 6.6%
5枠 26-21-26-345 6.2%
6枠 20-22-27-352 4.8%
7枠 26-20-28-348 6.2%
8枠 30-29-24-341 7.1%

本命はインカンテーション

本命はインカンテーションにしました。

ここ7戦中6戦で馬券に絡む安定した成績を残している上、
ここ2戦と比較すると、
相手関係が一気に楽になりますので
ここはスンナリ勝ってほしいところです。

しかし昨年の勝ち馬であるキングズガードの存在や、
初めての1400mのレースということもありますので、
多少不安な部分はあると思いますが、
衰え知らずのインカンテーション
本命を打ちたいと思います。

インカンテーションの血統など

・父:シニスターミニスター
・母:オリジナルスピン

・調教師:羽月友彦 (栗東)
・馬主:ターフ・スポート
・募集情報:1口:6万円/200口
・生産者:谷川牧場
・獲得賞金:3億6,653万円 (中央) /5,400万円 (地方)
・通算成績:33戦11勝 [11-3-5-14]
・主な勝鞍:13’レパードS(G3)

枠順


1 1 サクセスエナジー
2 2 (外)ドリームキラリ
3 3 ウインムート
3 4 ブライトライン
4 5 (外)ルグランフリソン
4 6 インカンテーション
5 7 キングズガード
5 8 ドライヴナイト
6 9 [地]エイシンヴァラー
6 10 ダノングッド
7 11 ナムラミラクル
7 12 ブラゾンドゥリス
8 13 (外)マテラスカイ
8 14 サイタスリーレッド

買い目

本命:6インカンテーション
対抗:3ウインムート
  ▲:7キングズガード
 △:1 サクセスエナジー、2 (外)ドリームキラリ、8ドライヴナイト、10ダノングッド、13マテラスカイ

6 - 1、7 - 1、2、3、7、8、10、13

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする