函館記念2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はトリコロールブルー~


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=132542

2018年7月15日に函館競馬場で箱だけ記念G3が行われます。

函館記念はG3は先週行われた七夕賞G3に次ぐ
サマー2000シリーズ2戦目になりますが、
このレースはとにかく荒れるレースであり、
過去10年で3連単10万を超える配当が7度もあり、
昨年は91万馬券という高額配当をたたき出しています。

函館競馬場・芝2000mの特徴

函館競馬場・芝2000mのコース特徴は
欧州で使われる緑が鮮やかな洋芝が使われているのが大きな特徴であり、
芝の根付きの関係で野芝より馬場が柔らかく、
非常に時計が掛かる傾向があり、
欧州血統やパワータイプの馬が活躍するケースが多いです。

同じ洋芝が使われている札幌競馬場が平坦コースなのに対し、
函館競馬場は緩やかながらも最大高低差3.5mのアップダウンがあり、
約260mでJRAの10競馬場の中で
最も短い最後の直線の部分はほぼ平坦となっています。

豊富なスタミナと先行力が好走には求められ、
スタートから最初のコーナーまでもかなり長いが、
先手争いはそれほど激しくなりません。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

人気馬別成績
1番人気 30-15-4-38 34.5%
2番人気 13-18-12-44 14.9%
3番人気 18-11-12-46 20.7%
4~6番人気 12-22-31-196 4.6%
7~9番人気 8-15-16-214 3.2%

脚質別成績
逃げ 20-10-3-58 22.0%
先行 35-41-40-203 11.0%
差し 18-27-33-300 4.8%
追込 8-7-8-319 2.3%

枠順別成績
1枠 7-13-16-82 5.9%
2枠 10-10-9-98 7.9%
3枠 12-14-7-102 8.9%
4枠 13-8-14-106 9.2%
5枠 13-10-8-120 8.6%
6枠 11-10-11-123 7.1%
7枠 16-13-6-128 9.8%
8枠 6-10-14-135 3.6%

本命はトリコロールブルー


https://matome.naver.jp/odai/2149293611548075101/2…

本命はトリコロールブルーにしました。

トリコロールブルー
今年に入って準オープン、オープンと連勝し、
共にメンバー最速の上りをマークするなど、
心身ともにやっと本格化してきたようです。

前走の鳴尾記念G3は3着という結果でしたが、
陣営曰く、
「前走で手ごたえをつかめた。
今は充実期に入っている。
洋芝にも実績があり楽しみ。」

と自信のコメントを残しています。

また4歳馬の目立つ上、
7月から9月までの成績が
2戦2勝ということもあり
季節的な問題は無いと思われます。

函館競馬場は初めてですが、
同じよう芝の札幌競馬場での勝ち鞍もありますし、
滞在競馬も経験済みですので、
ここで悲願の初重賞制覇も
十分期待できると思います。

スポンサーリンク


トリコロールブルーの血統など


http://keiba-news.tv/articles/%E3%83%88%E3%83%AA%E…

・父:ステイゴールド
・母:ペンカナプリンセス

・調教師:友道康夫 (栗東)
・馬主:シルクレーシング
・募集情報:1口:9万円/500口
・生産者:ノーザンファーム
・獲得賞金:9,489万円 (中央)
・通算成績:10戦5勝 [5-1-1-3]
・主な勝鞍:18’大阪城S(OP)

枠順


1 1 ブラックバゴ
2 2 カデナ
2 3 (地)サクラアンプルール
3 4 クラウンディバイダ
3 5 スズカデヴィアス
4 6 エアアンセム
4 7 トリコロールブルー
5 8 ロジチャリス
5 9 カレンラストショー
6 10 ブレスジャーニー
6 11 マイネルハニー
7 12 ナスノセイカン
7 13 ナイトオブナイツ
8 14 エテルナミノル
8 15 ゴールドサーベラス

買い目

本命:7トリコロールブルー
対抗:5スズカデヴィアス
  ▲:1ブラックバゴ
 △:1ブラックバゴ、3サクラアンプルール、5スズカデヴィアス、6エアアンセム、10ブレスジャーニー
   13 ナイトオブナイツ、14エテルナミノル

7 - 1、5 - 1、3、5、6、10、13、14

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする