紫苑ステークス2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はマウレア~


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=127495

2018年9月8日に中山競馬場で紫苑ステークスG3が行われます。

紫苑ステークスG3は元々3歳牝馬限定のオープン特別戦でしたが、
2016年からG3に格上げされました。

またこのレースの3着馬までに、
秋華賞G1への優先出走権が付与されます。

中山競馬場・芝2000mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/nakayama/…

紫苑ステークスG3が行われる中山競馬場・芝2000mのコースは
コーナーを4つ回る小回りコースで
スタートから1コーナー途中まで約5mの上り坂があり、
そこから向正面まで約4mの下り坂あります。

また最後の直線の長さは310mと比較的短いが、
途中に約110mの間で
約2.2mを駆け上がる急坂がありますので、
コーナーを回る器用さと、
坂をものともしないパワーを兼ね揃えているかどうかが、
レースのカギを握るコースと言えます。

一般的に馬場が荒れて
時計の掛かる馬場になる事が多く、
開催後半や冬場はその傾向が強くなるので、
芝を走っているのに
土煙が上がる事も少なくありません。

スタミナに富んだパワータイプの血統に妙味がありますが、
気を付けなければなりませんが、
野芝主体で行われる9月開催は高速馬場になり、
レコード決着も頻出しますので、
スピード豊富な馬が好走しやすくなり、
逃げ・先行が有利となる傾向があります。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


人気馬別成績

1番人気 77-49-30-78 32.9%
2番人気 43-45-38-108 18.4%
3番人気 40-31-35-128 17.1%
4~6番人気 44-67-59-532 6.3%
7~9番人気 22-30-46-590 3.2%
10番人気~ 8-12-28-1272 0.6%

脚質別成績

逃げ 24-27-12-185 9.7%
先行 95-108-76-562 11.3%
差し 86-75-114-1029 6.6%
追込 21-20-27-901 2.2%

枠順別成績

1枠 24-27-26-281 6.7%
2枠 24-32-30-289 6.4%
3枠 25-27-29-310 6.4%
4枠 29-23-36-322 7.1%
5枠 34-22-28-341 8.0%
6枠 23-28-30-354 5.3%
7枠 35-37-29-396 7.0%
8枠 40-38-28-415 7.7%

本命はマウレア


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-000005…

本命はマウレアにしました。

マウレアはここまで7戦2勝という成績ですが、
阪神ジュベナイルG13着、
チューリップ賞G22着、
桜花賞G15着、
オークスG15着と、
重賞戦線で安定した成績を残しています。

G1戦線で好走しているマウレアからすると
メンバーが楽になったこのレースで
何とか初重賞制覇といきたいところです。

中山競馬場は初めてではありますが、
立ち回りが上手な上、
先行力があるので、
全く問題は無いかと思います。

ここを目標にしている分
何とか勝ってほしいですね。

スポンサーリンク


の血統など


https://www.daily.co.jp/horse/horsecheck/2017/12/0…

・父:ディープインパクト
・母:バイザキャット

・調教師:手塚貴久 (美浦)
・馬主:落合幸弘
・生産者:下河辺牧場
・獲得賞金:7,961万円 (中央)
・通算成績:7戦2勝 [2-1-1-3]
・主な勝鞍:17’赤松賞(500万下)

枠順


1 1 マウレア
1 2 オハナ
2 3 パイオニアバイオ
2 4 サラス
3 5 ロサグラウカ
3 6 クイーングラス
4 7 メサルティム
4 8 (外)ランドネ
5 9 カレンシリエージョ
5 10 ロマンテソーロ
6 11 ハーレムライン
6 12 アヴィオール
7 13 ホクセンジョウオー
7 14 ノームコア
8 15 レッドベルローズ
8 16 ロフティフレーズ

買い目

本命:1マウレア
対抗:3パイオニアバイオ
  ▲:9カレンシリエージョ
 △:2オハナ、4サラス、8ランドネ、11ハーレムライン、14ノームコア
1 - 3、9 - 2、3、4、8、9、11、14

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする