凱旋門賞2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はエネイブル~


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=129077

2018年10月7日23時05分(日本時間)にフランス・パリのロンシャン競馬場で
競馬の祭典である、凱旋門賞G1が行われます。

凱旋門賞G1は世界一のサラブレッドを決めるレースとも言われており、
世界中から名馬が集うレースであり、
競馬ファンのあこがれの地としても有名です。

過去に日本馬も多数出走していますが、
近年では三冠馬のオルフェーヴルが2着と好走していますが、
勝ち馬はいまだ排出されていません。

日本競馬史に残る、あのディープインパクトでさえ、
3着と敗北を期していますので、
そのレベルの高さは
間違いなく世界一だと思います。

凱旋門賞・ロンシャン競馬場のコース特徴


http://umakoi.jp/koi/gaisenmonsyou-dert/

凱旋門賞G1が行われるフランス・パリのロンシャン競馬場・芝2400mのコース特徴は、
芝コースは右回りであり、
1周2750メートルの広大な外回りコースのほか、
1周2500メートルの中回りコースや1周2150メートルの小回りコースがあり、
他にも直線だけの1000メートルコース、
第3コーナー付近の引き込み線からスタートする1400メートルコースも備わり、
合計5つのコースがあります。

改修工事による
コースの大きな変更点は、
通常のゴールから約450メートルの地点に
オープンストレッチと呼ばれる
新型仮柵が設置されたことです。

オープンストレッチは
イギリスや南アフリカの一部競馬場でも導入されている仮柵で、
直線の入り口あたりで
インコースに走路を生み出すことにより、
馬群を横に広げてバラけさせ、
出走各馬の進路をスムーズに確保する狙いがあるようです。

これにより後方待機勢の馬たちも、
力を発揮しやすくなり、
従来のレース展開が大きく変化し、
各馬がのびのび走れるようになって、
よりフェアなレースが繰り広げられるようになりました。

またオープンストレッチは開催により、
使用する日としない日があります。

因みに、日本馬では
武豊騎手騎乗のアグネスワールド
2000年のアベイユドロンシャン賞でG1制覇を飾っています。

スポンサーリンク


凱旋門賞は芝2400メートルの外回りコースを使用して行われ、
レースはスタンドから見て左奥にある
赤い風車の付近に置かれたゲートから発走します。

スタート直後はおよそ400メートルを平坦に走り、
向正面では最大斜度2.4パーセントの上り坂が続き、
3コーナーを過ぎてから下りに転じ、
1000メートルから1600メートル付近までは、
600メートル進む間に10メートルを下がるコース設計になっています。

その後、フォルスストレート(偽りの直線)と呼ばれる
直線を250メートルほど走り、
実際の直線は平坦で
その距離は東京競馬場とほぼ同じ533メートルとなっています。

10メートルの高低差は
JRAでもっとも勾配のある中山競馬場(5.3メートル)の
ほぼ倍に相当します。

スタート直後の密集した馬群の中での
激しいポジション争いや、
前半の折り合い、
そして行き脚のつきやすい下り坂でも、
ゴールまで脚を温存するため、
リズムよく走ることが求められ、
人馬の呼吸と勇気が勝敗を分けるポイントとして挙げられます。

2018年の凱旋門賞では
上述したオープンストレッチが設置予定となっていましたが、
今回は使用されないことになりました。

因みにパリロンシャン競馬場での凱旋門賞のレースレコードは、
2011年にドイツのデインドリームが記録した2分24秒49。

本命はエネイブル


https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201810040…

本命はエネイブルにしました。

エネイブルは昨年の凱旋門賞G1を勝った
世界最強の4歳牝馬ですが、
デビューから9戦8勝 [8-0-1-0]という文句なしの成績を残し、
昨年の凱旋門賞でも
不良馬場の中抜け出すと
そのまま束を引き付けることなく、
3歳牝馬でありながら
凱旋門賞を勝ち、
ヨーロッパ年度代表馬に選ばれました。

しかし今年は5月に膝を痛めたことで、
始動戦に予定していた6月のコロネーションカップ(G1)を回避し、
復帰戦となった前走9月8日のセプテンバーステークスG3では、
逃げてキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS2着馬のクリスタルオーシャンに
3馬身半差をつけて優勝し、
凱旋門賞連覇に向けて弾みをつけました。

状態さえ良ければ充分連覇の可能性はありますが、
描いていたローテーションを歩めなかったぶぶんが、
若干気になるところですが、
普通に力を発揮したら
エネイブルが圧勝しても、
おかしくは無いと思われます。

スポンサーリンク


エネイブルの血統など


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-000100…

・父:Nathaniel
・母:Concentric
・母の父:Sadler’s Wells

・性別:牝
・毛色:鹿毛
・生産:Juddmonte Farms Ltd.
・馬主:Khalid Abdullah
・調教師:John Gosden(イギリス)
・生涯成績:8戦7勝
・獲得賞金:£3,809,380

凱旋門賞出走表


https://world.jra-van.jp/news/N0003845/


1 18 デフォー
2 7 サルウィン
3 4 カプリ
4 10 ウェイトゥパリス
5 13 ヴァルトガイスト
6 9 クロスオブスターズ
7 8 タリスマニック
8 5 ティベリアン
9 1 クリンチャー
10 6 エネイブル
11 11ヌフボスク
12 2 パタスコイ
13 14キューガーデンズ
14 19スタディオブマン
15 17ルイドール
16 12ハンティングホーン
17 3 ネルソン
18 16マジカル
19 15シーオブクラス

凱旋門賞は馬番とゲート番号が一致していませんので
お気を付けください!

買い目

本命:10 6 エネイブル
対抗:19 15シーオブクラス
  ▲:5 13ヴァルトガイスト
 △:7 8タリスマニック、9 1クリンチャー 、11 11ヌフボスク、13 14キューガーデンズ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする