スワンステークス2018予想と過去の傾向や出走馬などのデータ~本命はロードクエスト~


http://umakeiba.com/post/3075/

2018年10月28日に京都競馬場でスワンステークスG2が行われます。

スワンステークスG2はマイルチャンピオンシップのステップ競走に指定されており、
地方競馬所属馬はマイルチャンピオンシップの出走候補馬(3頭まで)に優先出走が認められています。

また地方競馬所属馬は本競走で
2着以内の成績を収めた馬に
マイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられます。

過去10年を振り返ると
1番人気が2勝しかしておらず、
2番人気が3年続けて勝利を挙げています。

京都競馬場・芝1400mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/kyoto/to1…

スワンステークスG2が行われる京都競馬場・芝1400mのコースは、
外回りのコースを使用し、
3コーナーにある高低差4.3mの坂が大きな特徴です。

向正面から上り、
3コーナー途中で一気に下る為、
この下り坂で勢いをつけ直線に入るので、
外に振られて距離ロスしやすく、
馬群がバラけやすい傾向にあります。

その上、最後の直線は約404mと長めなので、
坂も無く平坦ではありますが、
短距離戦にもかかわらず
差しが非常によく決まるので、
インを突ける器用な馬に注目したいところです。

また芝質が軽い事が多く、
高速決着になりやすく、
スピード・瞬発力に優れた馬が狙い目となります。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

人気馬別成績
1番人気 33-20-13-34 33.0%
2番人気 20-20-10-50 20.0%
3番人気 8-8-12-72 8.0%
4~6番人気 20-21-35-224 6.7%
7~9番人気 14-12-20-252 4.7%
10番人気~ 5-19-11-452 1.0%

脚質別成績
逃げ 21-12-12-55 21.0%
先行 28-30-24-278 7.8%
差し 39-44-47-405 7.3%
追込 12-14-18-346 3.1%

枠順別成績
1枠 10-14-8-101 7.5%
2枠 8-13-12-108 5.7%
3枠 9-9-15-123 5.8%
4枠 14-8-15-130 8.4%
5枠 16-13-12-138 8.9%
6枠 16-13-15-142 8.6%
7枠 15-15-12-165 7.2%
8枠 12-15-12-177 5.6%

本命はロードクエスト


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=141934

本命はロードクエストにしました。

ロードクエストは2歳3歳時に重賞戦線で活躍し、
G1奪取かと思いきや古馬になってからは
苦戦が続いており、
早熟とも言われ低評価を受けていました。

しかし5歳を迎えた今年は、
これまで最高峰からの追込み一辺倒の競馬でしたが、
先行できるようになり、
脚質に幅が出てきました。

また鞍上にMデムーロを確保できたのも
マイルCSへ向けて賞金を加算したい陣営にとっては好材料!

2年ぶりの勝利を期待したいですね。

スポンサーリンク


ロードクエストの血統など


https://www.lord-to.co.jp/photo/1320/150529-1320A.jpg

・父:マツリダゴッホ
・母:マツリダワルツ

・調教師:小島茂之 (美浦)
・馬主:ロードホースクラブ
・募集情報:1口:2.16万円/500口
・生産者:様似堀牧場
・セリ取引価格:626万円 (2014年 北海道サマーセール)
・獲得賞金:1億8,374万円 (中央)
・通算成績:20戦3勝 [3-3-2-12]
・主な勝鞍:16’京成杯オータムハンデキャップ(G3)

枠順


1 1 ドルチャーリオ
2 2 サフランハート
3 3 ベステンダンク
4 4 デアレガーロ
5 5 グァンチャーレ
6 6 レーヌミノル
6 7 キングハート
7 8 ロードクエスト
7 9 (地)ヒルノデイバロー
8 10 (外)モズアスコット
8 11 コウエイタケル

買い目

本命:8 ロードクエスト
対抗:10 モズアスコット
  ▲:6 レーヌミノル
 △:2 サフランハート、3 ベステンダンク、9 ヒルノデイバロー
8 - 6、10 - 2、3、6、9、10

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする