有馬記念2018予想と過去の傾向や枠順・出走馬などのデータ~本命はパフォーマプロミス~


https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.z…

2018年12月23日に中山競馬場で有馬記念G1が行われます。

平成最後のグランプリですが、
この競馬の祭典を制する馬は
一体どれなんでしょうか。

クラシックレースでもある有馬記念G1ということもあって、
その注目度は他のレースとは比較にならないレベルであり、
枠順抽選会もテレビで生放送される程でした。

過去10年の勝ち馬を見てみると、
1番人気が6勝2着2回、3着1回という
抜群の成績を残しています。

基本的には「強い馬が勝つ」レースではありますが、
有馬記念G1が行われる中山競馬場・芝2500mのコースは
小回りでコーナーを6つ回りますので、
距離適性が無い馬も2着3着に入ってくることもあります。

従って、10番人気以下も
馬券に絡んでくるケースも多々ありますので
気を付けなければなりません。

中山競馬場・芝2500mのコース特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/nakayama/…

有馬記念G1が行われる中山競馬場・芝2500mのコース特徴は
スタートから最初のコーナーまで距離が短く、
小回りなコース形態なので内枠が有利となり、
コーナーを回る器用さは、
好走への重要なファクターとなります。

2500mの長丁場ではありますが、
コーナーを6つ回る事から、
途中にペースダウンするなど息を入れる余裕がある為、
マイルから中距離が得意な馬でも
スタミナが持つケースは多です。

急坂を前にした3コーナーからペースが上がる事が多く、
マクリ気味の差し・追込が
比較的決まる傾向にあります。

また、一般的に馬場が荒れて時計の掛かる馬場になる事が多く、
特に開催後半や冬場はその傾向が強い為、
芝を走っているのに土煙が上がる事も少なくない。

その場合は、スタミナに富んだパワータイプの血統が狙い目となりそうです。

過去にはダイワメジャーのような
パワータイプのマイルから中距離を得意とする馬が
馬券に絡んでいますので
注意する必要性があります。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


人気馬別成績

1番人気 11-8-7-23 22.4%
2番人気 10-8-7-24 20.4%
3番人気 5-7-8-29 10.2%
4~6番人気 12-11-15-109 8.2%
7~9番人気 8-13-11-113 5.5%
10番人気~ 3-2-1-192 1.5%

脚質別成績

逃げ 3-3-4-45 5.5%
先行 25-26-15-103 14.8%
差し 14-15-23-172 6.3%
追込 4-3-6-164 2.3%

枠順別成績

1枠 8-6-3-46 12.7%
2枠 8-5-6-45 12.5%
3枠 5-6-7-54 6.9%
4枠 3-6-5-62 3.9%
5枠 4-8-7-66 4.7%
6枠 7-9-5-67 8.0%
7枠 4-3-13-74 4.3%
8枠 10-6-3-76 10.5%

本命はパフォーマプロミス


https://tr.twipple.jp/h/3d/ae/%E3%83%91%E3%83%95%E…

本命はパフォーマプロミスにしました。

パフォーマプロミスは現在6歳馬ではありますが、
元々体質的に弱かった為、
詰めてレースで使うことが出来ず、
ここまで僅か15戦しかしていません。

しかし逆に言うと使い減りが少ないので
馬体はまだまだ若く
キレの良い走りを見せてくれています。

また、今からちょうど1年前の1600万下グレイトフルステークスを勝ち、
やっとオープン馬入りを果たしましたが、
このグレイトフルステークス有馬記念と同じく中山芝2500mのコースなので、
適正は証明済みです。

右回りも4勝を挙げていますし、
何よりステイゴールド産駒は中山競馬場・芝2000~2500mを
得意としていますので、
条件は整っています。

前走勝利を収めたアルゼンチン共和国杯G2は出世レースとも言われており、
2015年にはゴールドアクターがこのレースを勝ち、
次走の有馬記念G1も8番人気で勝利を収めています。

今がピークとも言われていますので、
ここは人気薄になりそうなパフォーマプロミス
勝負しても面白いと思います。

スポンサーリンク


パフォーマプロミスの血統など


http://race.sanspo.com/keiba/news/20181104/ope1811…

・父:ステイゴールド
・母:アイルビーバウンド

・調教師:藤原英昭 (栗東)
・馬主:サンデーレーシング
・募集情報:1口:80万円/40口
・生産者:ノーザンファーム
・獲得賞金:2億936万円 (中央)
・通算成績:15戦7勝 [7-2-2-4]
・主な勝鞍:18’日経新春杯(G2) 、18’アルゼンチン共和国杯(G2)

有馬記念の枠順

スポンサーリンク




1 1 オジュウチョウサン
1 2 クリンチャー
2 3 モズカッチャン
2 4 マカヒキ
3 5 パフォーマプロミス
3 6 サトノダイヤモンド
4 7 サウンズオブアース
4 8 ブラストワンピース
5 9 (地)リッジマン
5 10 ミッキースワロー
6 11 ミッキーロケット
6 12 レイデオロ
7 13 スマートレイアー
7 14 キセキ
8 15 シュヴァルグラン
8 16 (地)サクラアンプルール

買い目

本命:5パフォーマプロミス
対抗:12レイデオロ
  ▲:3モズカッチャン
 △:1オジュウチョウサン、2クリンチャー、8ブラストワンピース、9リッジマン、
   10ミッキースワロー、14キセキ、15シュヴァルグラン
5 - 3、12 - 1、2、3、8、9、10、12、14、15

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする