AJCC2019予想と過去の傾向や枠順・出走馬などのデータ~本命はフィエールマン~


https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=141325

2019年1月20日に中山競馬場でAJCC(アメリカジョッキークラブカップ)G2が行われます。

AJCCはG2の芝2200m(中距離レース)ということもあり、
中距離のG1戦線を主戦とする馬が出走するレースでもあります。

過去10年の勝ち馬を見てみると、
1番人気が2勝、2着2回と若干苦戦しています。

中山競馬場・芝2200mのコース特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/nakayama/…

AJCCが行われる中山競馬場・芝2200mのコースは
スタートから1コーナーまで距離が長く、
枠順の有利差はほとんどありませんが、
約5mの上り坂があります。

2コーナーから3コーナー途中まで下り坂で、
緩やかにカーブして進み、
途中に約110mの間で約2.2mを駆け上がる急坂が存在していますが、
最後の直線の長さは310mと短いので、
騎手がペースを上げるのは早くなる傾向があります。

基本的に逃げ・先行が有利ではありますが、
急坂がある為、差しもよく決まります。

また、一般的に馬場が荒れて
時計の掛かる馬場になる事が多く、
特に開催後半や冬場はその傾向が強い為、
芝を走っているのに土煙が上がる事も少なくありませんので、
スタミナに富んだパワータイプの血統が狙い目となります。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


人気馬別成績

1番人気 16-20-9-27 22.2%
2番人気 16-11-8-37 22.2%
3番人気 12-10-9-41 16.7%
4~6番人気 21-19-24-152 9.7%
7~9番人気 5-6-13-191 2.3%
10番人気~ 2-6-9-407 0.5%

脚質別成績
逃げ 8-8-4-59 10.1%
先行 28-32-28-166 11.0%
差し 27-23-32-314 6.8%
追込 5-6-3-310 1.5%

枠順別成績
1枠 5-4-8-95 4.5%
2枠 8-11-9-94 6.6%
3枠 13-4-6-101 10.5%
4枠 9-14-10-98 6.9%
5枠 11-8-17-100 8.1%
6枠 11-7-6-115 7.9%
7枠 11-10-8-121 7.3%
8枠 4-14-8-131 2.5%

本命はフィエールマン


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E…

本命はフィエールマンにしました。

フィエールマンは昨年の菊花賞馬ですが、
体質的に弱く続けてレースを使うことが出来ず、
ここまで4戦3勝しかしていません。

常に休み明けでの出走になりますが、
それがかえってフィエールマンにとって良いのかもしれませんが
初の古馬相手の重賞挑戦ですので、
不安材料が全くないわけではありません。

しかし、明け4歳馬の好走が続いていますし、
良血良馬のフィエールマンの能力を持ってしたら
圧勝してもおかしくありませんので、
ここまフィエールマンを軸に馬券を組み立てるのが
ベストではないかと思われます。

スポンサーリンク


フィエールマンの血統など


https://www.daily.co.jp/horse/horsecheck/2018/10/1…

・父:ディープインパクト
・母:リュヌドール

・調教師:手塚貴久 (美浦)
・馬主:サンデーレーシング
・募集情報:1口:250万円/40口
・生産者:ノーザンファーム
・獲得賞金:1億7,885万円 (中央)
・通算成績:4戦3勝 [3-1-0-0]
・主な勝鞍:18’菊花賞(G1)

枠順


1 1 ジェネラーレウーノ
2 2 アクションスター
3 3 マイネルミラノ
4 4 フィエールマン
5 5 ダンビュライト
6 6 ミライヘノツバサ
6 7 ステイインシアトル
7 8 シャケトラ
7 9 (地)ショウナンバッハ
8 10 メートルダール
8 11 (地)サクラアンプルール

買い目

◎:4フィエールマン
〇:5ダンビュライト
▲:1ジェネラーレウーノ
△:3マイネルミラノ、7ステイインシアトル、9ショウナンバッハ、
  10メートルダール、11サクラアンプルール
4 - 1、5 - 1、3、5、7、9、10、11

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする