阪神大賞典2019予想と過去の傾向や枠順・出走馬などのデータ~本命はコルコバード~


http://kumagorou.ec-net.jp/4gatuggg.html

2019年3月17日に阪神競馬場で阪神大賞典G2が行われます。

今年で67回目を迎える阪神大賞典G2ですが、
昔は年末に行われていましたが、
現在は天皇賞・春G1のトライアルとなり
勝ち馬には優先出走権が与えられます。

阪神競馬場・芝3000mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/hanshin/t…

内回りコースを使用。阪神大賞典のみ行われる。

3000mの長丁場なので、
当然豊富なスタミナが問われますが、
距離が長いため、枠順は気にしなくて良いと思います。

道中スローペースで流れて、
残り800m位からペースアップする事が多く、
後方からの追い込みは決まりにくく、
先行策をとって、早め仕掛けから
そのまま押し切るのがベストと言えるでしょう。

過去5年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


人気馬別成績

1番人気 5-0-0-0 100.0%
2番人気 0-1-1-3 0.0%
3番人気 0-1-2-2 0.0%
4~6番人気 0-2-2-11 0.0%
7~9番人気 0-1-0-14 0.0%
10番人気~ 0-0-0-4 0.0%

脚質別成績

逃げ 0-0-1-4 0.0%
先行 3-2-2-11 16.7%
差し 0-2-0-6 0.0%
追込 0-0-2-13 0.0%

枠順別成績

1枠 1-0-1-3 20.0%
2枠 0-1-2-2 0.0%
3枠 0-1-1-3 0.0%
4枠 0-0-1-4 0.0%
5枠 0-0-0-5 0.0%
6枠 0-2-0-4 0.0%
7枠 2-0-0-6 25.0%
8枠 2-1-0-7 20.0%

本命はコルコバード


http://kumagorou.ec-net.jp/4gatuggg.html

本命はコルコバードにしました。

コルコバードは体質的に弱い部分あり、
6歳ではありますが、
ここまで15戦しかしていないので
牝馬特有の使い減りはありません。

また、晩成型が多いステイゴールド産駒でもあり、
コルコバードも昨年の5歳時に
3連勝でオープン入りを果たしています。

2400mのレースで3勝していますし、
馬体を見ても長距離向きなので、
ここは1発期待したいところ。

今回がラストランということなので、
何とか有終の美を飾ってほしいですよね。

コルコバードの血統など


https://blog.goo.ne.jp/tacross6620/e/ab7feaa81335a…

・父:ステイゴールド
・母:エンシェントヒル

・調教師:木村哲也 (美浦)
・馬主:キャロットファーム
・募集情報:1口:5万円/400口
・生産者:ノーザンファーム
・獲得賞金:9,216万円 (中央)
・通算成績:15戦5勝 [5-5-2-3]
・主な勝鞍:18’湾岸S(1600万下)

枠順


1 1 ロードヴァンドール
2 2 (地)リッジマン
3 3 ケントオー
4 4 ステイインシアトル
5 5 サイモンラムセス
6 6 ソールインパクト
6 7 カフジプリンス
7 8 ヴォージュ
7 9 アドマイヤエイカン
8 10 シャケトラ
8 11 コルコバード

買い目

◎:4コルコバード
〇:10シャケトラ
▲:9アドマイヤエイカン
△:1ロードヴァンドール、2 (地)リッジマン、4ステイインシアトル、
  8ヴォージュ
4 - 10、9 - 1、2、4、8、9、10

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする