天皇賞春2020予想と過去の傾向や枠順・出走馬などのデータ~本命はエタリオウ~


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-000000…

2020年5月3日に京都競馬場で
天皇賞春が行われます。

天皇賞春といえば、
G1では最も距離の長い3200mの長距離レースなので
スタミナや持続性を兼ね揃えたステイヤータイプが
一同に揃う歴史あるレースとなっています。

そんな歴史のあるG1天皇賞春ですが、
皆さんもご存知の通り、
現在はコロナウイルスの影響により、
競馬場や場外馬券売り場(ウインズ)が
閉鎖されている為、
音と投票を利用した形でしか
馬券を購入することが出来ません。

例年通りだと間違いなく大いに盛り上がるレースなので、
非常に残念ではありますが、
今年は自宅でテレビ観戦によるネット投票で
レースを楽しみたいと思います。

過去10年の皐月賞勝ち馬の人気や脚質は?

過去10年の勝ち馬の人気を
検証していきたいと思います。

・1番人気【2-1-0-7】連対率30%
・2番人気【5-0-23-】連対率50%
・3番人気【0-4-1-5】連対率40%
・4番人気【1-2-1-6】連対率30%
・5番人気【0-0-1-9】連対率0%
・6~9番人気【1-2-2-35】連対率8%
・10番人気以下【1-1-3-77】2%

という成績を残していますので、
人気馬が比較的好走しており、
その中でも2番人気が5勝挙げているのが
気になるところです。

適性があれば人気薄でも好走しますので、
要注意したいところです。

次に脚質についてのデータを
見ていきたいと思います。

・逃げ【2-0-0-9】連対率18%
・先行【3-6-5-19】連対率27%
・差し【4-4-5-70】連対率19%
・追込【0-0-0-40】連対率0%

という結果になっておりますので、
逃げや追込みといった極端な脚質よりも
先団~中団で競馬している馬が
好走しています。

極端な脚質は不向きなレースといえるでしょう。

京都競馬場・芝3200mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/kyoto/t32…

京都競馬場の芝3200mのコースは、
天皇賞(春)のみで使用される外回りのコースなので、
前哨戦となる阪神大賞典G2日経賞G2などが
予想時の指標となりますが、
いかんせん天皇賞春のみで使用されるコースな為、
サンプルが少なく予想が難しいレースの1つと言えるでしょう。

前半のペースは一定せず、
どこかで緩む事が多く、
3コーナーの高低差4.3mの坂が特徴で、
2周目のこの部分が勝負所となり、
ペースが一気に上る傾向があります。

最後の直線は404mとやや長めですが、
坂の無い平坦なコースな為、
4コーナーの時点で後方に位置すると厳しく、
先行・マクリタイプの馬に注目する必要があります。

また、3200mの長丁場なので、
枠順の有利差はハッキリ言ってありませんので、
気にする必要はありません。

過去3年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク


※検索期間:2017.1.1~2019.12.31

※検索期間:2017.1.1~2019.12.31

それでは3年間の京都競馬場:芝3200mの
・人気別成績
・脚質別成績
・枠順別成績

について検証していきたいと思います。

※以下は左から【人気 着順 勝率】となっております。

<人気馬別成績>

1番人気 2-1-0-0 66.7%
2番人気 1-0-1-1 33.3%
3番人気 0-0-0-3 0.0%
4~6番人気 0-2-1-6 0.0%
7~9番人気 0-0-1-8 0.0%
10番人気~ 0-0-0-20 0.0%

<脚質別成績>

逃げ 0-0-0-4 0.0%
先行 2-3-1-4 20.0%
差し 1-0-2-21 4.2%
追込 0-0-0-9 0.0%

<枠順別成績>

1枠 0-0-0-5 0.0%
2枠 1-0-0-4 20.0%
3枠 0-1-0-4 0.0%
4枠 0-0-1-5 0.0%
5枠 0-1-0-5 0.0%
6枠 1-1-1-3 16.7%
7枠 1-0-0-5 16.7%
8枠 0-0-1-7 0.0%

本命はエタリオウ!?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-000000…

本命にはエタリオウを選びました。

エタリオウはG1戦線で活躍していますが、
ここまでの戦績を見てみると16戦1勝 [1-7-0-8]という事なので
驚く方もいらっしゃるかと思いますが、
現在、エタリオウは1勝馬であり、
2着が7回もあります。

また、エタリオウは一昨年の菊花賞で2番人気の2着、
昨年の同レースでは
2番人気に推されて4着という好走していますので、
距離やコース適正は問題ありません。

また、エタリオウの父ステイゴールド産駒は過去に、
フェノーメノが連覇し、ゴールドシップが1勝を挙げていますので、
血統的にも問題はありません。

しかし、同レースには
昨年の勝ち馬であるフィエールマン
昨年5着のユーキャンスマイル
菊花賞馬のキセキといった強敵が揃っていますし、
ダンビュライト
ミッキースワロー
モズベッロ
シルヴァンシャー
などといった伏兵もそろっています。

エタリオウの血統など


https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/04/28/…

・父:ステイゴールド
・母:ホットチャチャ

・調教師:友道康夫 (栗東)
・馬主:Gリビエール・レーシング
・生産者:ノーザンファーム
・産地:安平町
・セリ取引:価格9,396万円 (2016年 セレクトセール)
・獲得賞金:2億448万円 (中央)
・通算成績:16戦1勝 [1-7-0-8]
・主な勝鞍:17’2歳未勝利

枠順

※以下は左から【・枠順・馬齢・毛色・騎手】となっております。

1 1 モズベッロ 牡4/鹿毛 池添 謙一
2 2 エタリオウ 牡5/青鹿毛 川田 将雅
3 3 トーセンカンビーナ 牡4/鹿毛 藤岡 康太
3 4 ダンビュライト せん6/黒鹿毛 松若 風馬
4 5 ミッキースワロー 牡6/鹿毛 横山 典弘
4 6 スティッフェリオ 牡6/鹿毛 北村 友一
5 7 ユーキャンスマイル 牡5/鹿毛 浜中 俊
5 8 キセキ 牡6/黒鹿毛 武 豊
6 9 ミライヘノツバサ 牡7/芦毛 木幡 巧也
6 10 メロディーレーン 牝4/鹿毛 岩田 望来
7 11 メイショウテンゲン 牡4/芦毛 幸 英明
7 12 シルヴァンシャー 牡5/鹿毛 M.デムーロ
8 13 (地)ハッピーグリン 牡5/栗毛 和田 竜二
8 14 フィエールマン 牡5/鹿毛 C.ルメール

買い目

◎:2エタリオウ
〇:14 フィエールマン
▲:7 ユーキャンスマイル
△:1モズベッロ、3トーセンカンビーナ、5ミッキースワロー、6スティッフェリオ、
  8 キセキ、12 シルヴァンシャー、

2 - 7、14 - 1、3、5、6、7、8、12、14 

スポンサーリンク