目黒記念2020予想と過去の傾向や枠順・出走馬などのデータ~本命はステイフーリッシュ~


https://keiba-times.com/kyotoshinbunhai-2018-0008/

2020年5月31日に東京競馬場で
目黒記念(G2)が行われます。

日本ダービーの後に行われるレースという事もあり、
G2ではありますが
以外と知名度が高い重賞レースとなっています。

昔は年に2回行われていたこともあって、
今年で134回目を迎える目黒記念は
芝2500mのレースであり、
ダービーより100m長いという
中途半端な距離のレースという事もあってか
荒れる傾向の強いレースとなっています。

コロナウイルスの影響によって、
競馬場やウインズが閉鎖されておりますので、
自宅でテレビ観戦によるネット投票となっておりますが、
このご時世に競馬が開催されている事に
感謝しなければなりませんよね。

過去10年の目黒記念の勝ち馬人気や脚質は?

スポンサーリンク



過去10年の勝ち馬の人気を
検証していきたいと思います。


・1番人気【1-3-2-4】連対率40%
・2番人気【0-1-0-9】連対率10%
・3番人気【2-0-1-7】連対率20%
・4番人気【1-1-1-7】連対率20%
・5番人気【1-1-0-8】連対率20%
・6~9番人気【4-2-5-29】連対率15%
・10番人気以下【1-2-1-70】4%

日本ダービーの後に行われ、
尚且つ芝の2500mという
中途半端な距離というのもあってか、
毎年荒れるレースとなっており、
それは上記したデータを見て頂ければ
一目瞭然だと思いますが、
6~9番人気の【4-2-5-29】連対率15%という
人気薄の好走が目立っております。

次に脚質についてのデータを
見ていきたいと思います。

・逃げ【0-1-0-9】連対率10%
・先行【2-3-3-30】連対率13%
・差し【7-5-5-54】連対率17%
・追込【1-1-2-41】連対率4%

東京競馬場・芝2500mのコースということもあって、
やはり逃げの戦法は厳しく、
逆に差し馬が7勝挙げていますので、
上がり勝負に長けたタイプが
好走しております。

東京競馬場・芝2500mのコース特徴


http://umawin.com/633.html

目黒記念G2が行われるコースは、
約530mの長い直線が特徴で、
途中に高低差2mの急坂もあり、
差し・追込が非常に有利な傾向があります。

日本ダービーG1ジャパンカップG1が行われる2400mコースより、
スタート位置を100m後ろに下げただけなので、
コース傾向は似ています。

上述したように、現在このコースでは重賞の
目黒記念とアルゼンチン共和国杯しか行われていません。

過去3年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク



※検索期間:2017.1.1~2019.12.31

それでは3年間の東京競馬場:芝2400mの
・人気別成績
・脚質別成績
・枠順別成績

について検証していきたいと思います。

※以下は左から【人気 着順 勝率】となっております。

<人気馬別成績>

1番人気 1-2-2-1 16.7%
2番人気 1-0-0-5 16.7%
3番人気 2-0-1-3 33.3%
4~6番人気 0-2-0-16 0.0%
7~9番人気 2-1-1-14 11.1%
10番人気~ 0-1-2-31 0.0%

<脚質別成績>

逃げ 0-0-0-6 0.0%
先行 1-2-3-15 4.8%
差し 4-2-3-23 12.5%
追込 1-2-0-26 3.4%

<枠順別成績>

1枠 0-1-2-6 0.0%
2枠 2-2-0-5 22.2%
3枠 0-0-1-8 0.0%
4枠 0-2-1-8 0.0%
5枠 2-0-2-8 16.7%
6枠 1-1-0-10 8.3%
7枠 1-0-0-12 7.7%
8枠 0-0-0-13 0.0%

本命はステイフーリッシュ


http://turfdust.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/pos…

本命はステイフーリッシュにしました。

ここまで19戦2勝 [2-4-5-8]という成績ですが、
ステイゴールド産駒らしく能力は高くて
好走はするものの2着3着が多く
なかなか勝ち切れない状態が続いておりますが、
上述したように
父のステイゴールドは
レース問わず2着や3着が多い中、
初重賞勝利を果たしたレースが
目黒記念でした。

昨年の勝ち馬であるルックトゥワイスや
一昨年の3着馬であるパフォーマプロミスも
ステイゴールド産駒なので、
血統的には問題ありません。

また、2000mの中距離を主戦場とし、
そこから距離を伸ばして
好走しているスティッフェリオと
似たような使い方なので、
人気薄となりそうなステイフーリッシュは
なかなか面白い存在ではないかと思われます。

ステイフーリッシュの血統など


https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=150591

・父:ステイゴールド
・母:カウアイレーン

・調教師:矢作芳人 (栗東)
・馬主:社台レースホース
・募集情報:1口:125万円/40口
・生産者:社台ファーム
・獲得賞金:2億1,490万円 (中央)
・通算成績:19戦2勝 [2-4-5-8]
・主な勝鞍:18’京都新聞杯(G2)

枠順

※以下は左上から【・枠順・馬名・馬齢・毛色・調教師・騎手・斤量・父・母・母父】となっております。
1 1 タイセイトレイル
牡5/黒鹿毛 矢作 芳人(栗東) –
( – ) M.デムーロ
55.0 ハーツクライ
マザーウェル
(シンボリクリスエス)
1 2 ノーブルマーズ
牡7/栗毛 宮本 博(栗東) –
( – ) 高倉 稜
56.0 ジャングルポケット
アイアンドユー
(Silver Hawk)
2 3 ポポカテペトル
牡6/芦毛 友道 康夫(栗東) –
( – ) 北村 友一
55.0 ディープインパクト
ミスパスカリ
(Mr. Greeley)
2 4 アイスバブル
牡5/芦毛 池江 泰寿(栗東) –
( – ) D.レーン
55.0 ディープインパクト
ウィンターコスモス
(キングカメハメハ)
3 5 キングオブコージ
牡4/鹿毛 安田 翔伍(栗東) –
( – ) 横山 典弘
54.0 ロードカナロア
ファイノメナ
(Galileo)
3 6 メートルダール
牡7/鹿毛 戸田 博文(美浦) –
( – ) 浜中 俊
56.0 ゼンノロブロイ
イグジビットワン
(Silver Hawk)
4 7 ミュゼエイリアン
せん8/鹿毛 黒岩 陽一(美浦) –
( – ) 横山 和生
54.0 スクリーンヒーロー
エールスタンス
(エルコンドルパサー)
4 8 アフリカンゴールド
せん5/栗毛 西園 正都(栗東) –
( – ) 福永 祐一
55.0 ステイゴールド
ブリクセン
(Gone West)
5 9 サトノクロニクル
牡6/鹿毛 池江 泰寿(栗東) –
( – ) 武藤 雅
56.0 ハーツクライ
トゥーピー
(Intikhab)
5 10 ミライヘノツバサ
牡7/芦毛 伊藤 大士(美浦) –
( – ) 木幡 巧也
56.0 ドリームジャーニー
タムロブライト
(シルバーチャーム)
6 11 ステイフーリッシュ
牡5/鹿毛 矢作 芳人(栗東) –
( – ) 坂井 瑠星
57.5 ステイゴールド
カウアイレーン
(キングカメハメハ)
6 12 ゴールドギア
牡5/黒鹿毛 伊藤 圭三(美浦) –
( – ) 三浦 皇成
53.0 ロードカナロア
ギンザボナンザ
(ゼンノロブロイ)
7 13 ウラヌスチャーム
牝5/黒鹿毛 斎藤 誠(美浦) –
( – ) 松山 弘平
54.0 ルーラーシップ
アメジストリング
(フジキセキ)
7 14 パリンジェネシス
せん6/黒鹿毛 清水 久詞(栗東) –
( – ) 石橋 脩
54.0 タートルボウル
メジロジョーンズ
(メジロライアン)
7 15 バラックパリンカ
牡4/黒鹿毛 平田 修(栗東) –
( – ) 和田 竜二
54.0 ノヴェリスト
アプリコットフィズ
(ジャングルポケット)
8 16 オセアグレイト
牡4/鹿毛 菊川 正達(美浦) –
( – ) C.ルメール
55.0 オルフェーヴル
ブルーダヌーブ
(Bahri)
8 17 ボスジラ
牡4/芦毛 国枝 栄(美浦) –
( – ) 武 豊
54.0 ディープインパクト
ミスパスカリ
(Mr. Greeley)
8 18 ニシノデイジー
牡4/鹿毛 高木 登(美浦) –
( – ) 田辺 裕信
56.0 ハービンジャー
ニシノヒナギク
(アグネスタキオン)

買い目

◎:11ステイフーリッシュ
〇:5キングオブコージ
▲:1タイセイトレイル
△:2ノーブルマーズ、4アイスバブル、8アフリカンゴールド、12ゴールドギア
  13ウラヌスチャーム、16オセアグレイト、17ボスジラ

11 - 1、5 - 1、2、4、5、8、12、13、16、17 

スポンサーリンク