スプリンターズステークス2020予想と過去の傾向や枠順・出走馬などのデータ~本命はグランアレグリア~


https://news.yahoo.co.jp/articles/68b4f0f3093574f014ebe8ef2f338fea31c106e2

2020年10月4日に中山競馬場で
スプリンターズステークス(G1)
行われます。

秋競馬最初のG1レースではありますが、
芝1200mの短距離戦という事もあってか、
比較的荒れる傾向にあります。

皆さんもご存知の通り、
現在競馬場はコロナウイルスの影響によって
入場できない日々が続いております。

来週辺りから予約した人のみ
競馬場で観戦できるようですが、
なかなか以前のように
自由に観戦できるわけではないようです。

スプリンターズステークスの10ポイント


1、勝ち馬は3番人気以内で、2着は2頭は10番人気以下
2、前走5着以下が【0-2-1-35】
3、前走4番人気以下【0-1-3-31】
4、前走からの斤量増【1-1-4-34】
5、前走セントウルステークスに出走している【3-1-1-21】
6、前走キーンランドカップに出走している【0-0-3-19】
7、前走安田記念に出走している【1-1-0-2】
8、前走上がり3ハロン3位以内【5-0-1-20】
9、牝馬で3コーナー2番手以内【0-2-2-2】
10、過去に同レースに出走し、前走G1に出走【1-3-0-2】

中山競馬場・芝1200mの特徴


https://www.keibalab.jp/yosou/coursedata/nakayama/…

スプリンターズステークスG1が行われる芝1200mのコース特徴は
おむすび型の三角形に近い形状の外回りコースを使用しており、
その頂点に当たる2コーナーの終わりが
スタート位置となります。

そこから最終の4コーナーまで
緩やかなカーブを描いて進み、
しかも道中ずっと下り坂になっていて、
ペースが速くなるのが多く、
内枠がかなり有利な傾向が強く表れています。

また直線の長さは310mと短いですが、
途中に約110mの間で約2.2mを駆け上がる急坂がありますので、
ハイペースなのも相まって、
差し・追込が比較的決まる傾向にあります。

また、一般的に馬場が荒れて
時計の掛かる馬場になる事が多く、
特に開催後半や冬場はその傾向が強く表れ、
芝を走っているのに土煙が上がる事もあり、
スタミナに富んだパワータイプの血統を狙うべきでしょう。

しかし野芝主体で行われる9月開催は高速馬場になり、
レコード決着も頻出し、
スピード豊富な馬が好走しやすくなり、
逃げ・先行が有利な傾向にあります。

過去3年間の人気・脚質・枠順のコース成績

スポンサーリンク



※検索期間:2017.1.1~2019.12.31

それでは過去3年間の
中山競馬場・芝1200mの
・人気別成績
・脚質別成績
・枠順別成績

について検証していきたいと思います。

※以下は左から【人気 着順 勝率】となっております。

<人気馬別成績>

1番人気 46-18-18-30 41.1%
2番人気 15-14-9-74 13.4%
3番人気 13-18-14-67 11.6%
4~6番人気 18-32-36-250 5.4%
7~9番人気 14-20-20-282 4.2%
10番人気~ 6-11-14-635 0.9%

脚質別成績
逃げ 5-15-7-85 4.5%
先行 8-13-8-83 7.1%
差し 1-8-12-90 0.9%
追込 10-4-6-91 9.0%
マクリ 8-6-6-92  7.1%

枠順別成績
1枠 11-24-8-143 5.9%
2枠 8-10-21-159 4.0%
3枠 12-11-13-167 5.9%
4枠 17-13-8-170 8.2%
5枠 17-11-14-176 7.8%
6枠 23-16-13-166 10.6%
7枠 15-15-19-171 6.8%
8枠 9-13-15-186 4.0%

本命はグランアレグリア


https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=177315

本命はグランアレグリアにしました。

グランアレグリアは言わずと知れた桜花賞馬であり、
前々走の高松宮記念で2着、前走の安田記念では
牡馬相手に見事勝利しています。

ノーザンファーム生産の
ディープインパクト産駒という超良血馬であり、
その実力は上述したように
確かなものがあります。

また、安田記念以来の出走となりますので、
4カ月の休養明けでの
ぶっつけ本番のレースとなりますが、
鉄砲【3-1-0-0】という
抜群の成績を残していますので、
まず問題ないかと思われますし、
鞍上が中山で成績の良いルメール騎手
乗り替わる点も好材料といえると思います。

勿論、昨年同レースを2着と好走し、
今年の高松宮記念で念願の初G1勝利を収めた
モズスーパーフレア
セントウルステークスを勝ったダノンスマッシュなど
強敵が揃っているので、
一筋縄ではいかないと思いますが、
普通に走れば勝つような気もします。

グランアレグリアの血統など


article.auone.jp

・父:ディープインパクト
・母:タピッツフライ

・調教師:藤沢和雄 (美浦)
・馬主:サンデーレーシング
・募集情報:1口:175万円/40口
・生産者:ノーザンファーム
・獲得賞金:4億5,324万円 (中央)
・通算成績:8戦5勝 [5-1-1-1]
・主な勝鞍:20’安田記念(G1)

枠順

※以下は左上から【・枠順・馬名・馬齢・毛色・調教師・騎手・斤量・父・母・母父】となっております。
1 1 ダイメイプリンセス 牝7/黒鹿毛 森田 直行(栗東) 秋山 真一郎 55.0
キングヘイロー
ダイメイダーク
(ダンスインザダーク)

1 2 (外)モズスーパーフレア 牝5/栗毛 音無 秀孝(栗東) 松若 風馬 55.0
Speightstown
Christies Treasure
(Belong to Me)

2 3 ダノンスマッシュ 牡5/鹿毛 安田 隆行(栗東) 川田 将雅 57.0
ロードカナロア
スピニングワイルドキャット
(Hard Spun)

2 4 キングハート 牡7/鹿毛 星野 忍(美浦) 北村 宏司 57.0
オレハマッテルゼ
ラブハート
(マイネルラヴ)

3 5 メイショウグロッケ 牝6/鹿毛 荒川 義之(栗東) 浜中 俊 55.0
メイショウサムソン
メイショウグラナダ
(マンハッタンカフェ)

3 6 ライトオンキュー 牡5/鹿毛 昆 貢(栗東) 古川 吉洋 57.0
Shamardal
グレイトタイミング
(Raven s Pass)

4 7 (外)ミスターメロディ 牡5/鹿毛 藤原 英昭(栗東) 福永 祐一 57.0
Scat Daddy
Trusty Lady
(Deputy Minister)

4 8 ダイメイフジ 牡6/鹿毛 森田 直行(栗東) 菱田 裕二 57.0
アグネスデジタル
ダイメイダーク
(ダンスインザダーク)

5 9 ダイアトニック 牡5/鹿毛 安田 隆行(栗東) 横山 典弘 57.0
ロードカナロア
トゥハーモニー
(サンデーサイレンス)

5 10 グランアレグリア 牝4/鹿毛 藤沢 和雄(美浦) C.ルメール 55.0
ディープインパクト
タピッツフライ
(Tapit)

6 11 ラブカンプー 牝5/黒鹿毛 森田 直行(栗東) 斎藤 新 55.0
ショウナンカンプ
ラブハート
(マイネルラヴ)

6 12 ビアンフェ 牡3/鹿毛 中竹 和也(栗東) 藤岡 佑介 55.0
キズナ
ルシュクル
(サクラバクシンオー)

7 13 レッドアンシェル 牡6/青鹿毛 庄野 靖志(栗東) M.デムーロ 57.0
マンハッタンカフェ
スタイルリスティック
(Storm Cat)

7 14 エイティーンガール牝4/青鹿毛 飯田 祐史(栗東) 池添 謙一 55.0
ヨハネスブルグ
センターグランタス
(アグネスタキオン)

8 15 クリノガウディー 牡4/栗毛 藤沢 則雄(栗東) 三浦 皇成 57.0
スクリーンヒーロー
クリノビリオネア
(ディアブロ)

8 16 アウィルアウェイ 牝4/鹿毛 高野 友和(栗東) 松山 弘平 55.0
ジャスタウェイ
ウィルパワー
(キングカメハメハ)

買い目

◎:10グランアレグリア
〇:2モズスーパーフレア
▲:3ダノンスマッシュ
△:6ライトオンキュー、7ミスターメロディ、9ダイアトニック、
  13レッドアンシェル、14エイティーンガール

10-2、3-2、3、6、7、9、13、14 

スポンサーリンク